ゲーミングPCのノートとデスクトップの違いと選び方のポイント

ゲーミングPCにはデスクトップとノートがあります

ゲーミングPCはゲーム用途を想定しているPCのことで、外観のデザインが洗練されていたり、ゲーマーの心をくすぐる機能を備えていたりするのが特徴です。
ゲーミングPCにはデスクトップとノートがありますが、性能重視でコスト度外視なら前者のデスクトップ一択です。
ただ、性能だけでなく持ち運べることも考えたいなら、やはり後者ということになるでしょう。
デスクトップの強みは拡張性で、ケースに収まる限りは消費スロット数が多いグラフィックカードも装着可能です。
これは実質的に消費電力の上限がない、つまりバッテリーの容量や駆動時間の制約を受けないことも大きいといえます。
ノートはバッテリー駆動を考えなくてはいけないので、消費電力を考慮して構成が行われます。
駆動時間を犠牲にすれば許容できる消費電力の上限は上げられますが、そうすると連続でゲームができないです。
逆に消費電力の上限を下げれば連続駆動時間は増加するので、長時間のゲームプレイが可能となります。

ゲーミングPCにはデスクトップとノートがあります近年はグラフィックカードの性能向上と電力あたりの駆動時間向上が目覚ましい完全にスペックを一致させようとすると、ノートの方がコストが高くつく